※『訪問看護 幸の鳥』は五藤医院が運営する訪問看護事業です。

訪問看護とは

訪問看護とは、看護師などが居宅を訪問して、主治医の指示や連携により行う看護です。
病気や障がいがあっても、医療機器を使用しながらでも、「最後の時まであなたらしく地域で生きる」支援をします。

『訪問看護 幸の鳥』の特徴

特徴1 みなし訪問看護なので、利用料が安い♪

幸の鳥の訪問看護は、五藤医院が直接運営しており
設定されている利用料がステーションとは異なる為
お安くご利用頂けます。

特徴2 医師との連携がスムーズ♪

幸の鳥の訪問看護は、五藤医院が運営しています。
その為、普段からいざという時まで
医療と看護の迅速な連携と徹底した情報共有が可能です!

特徴3 いつも顔を合わせるスタッフが対応するので安心♪

幸の鳥の訪問看護は、原則、普段から外来や
訪問診療に携わっている看護師が担当させて頂きます。
また基本的には担当制で、同じ看護師が
訪問させていただきますので、安心してご利用頂けます。

特徴4 夜間や緊急時も安心♪

幸の鳥の訪問看護は、ご契約頂いた利用者様に
24時間365日対応できる体制を整えております。
お電話での問い合わせやご相談にも常時対応でき
必要時には、緊急訪問看護を行います。
※毎月「緊急時訪問看護加算」を算定いたします。

ご利用対象者

  • 病気やけがなどで寝たきりになる心配のある方
  • 脳卒中の後遺症や、神経難病などでリハビリが必要な方
  • 認知症の方、医療処置が必要な方
  • がんなどの痛みなどで緩和ケアが必要な方

上記項目に1つでも当てはまる方は訪問看護サービスを受けることができます。
対象者かどうかわからない場合は、お気軽にお問合せ下さい。

サービス内容

生活の支援

ターミナルケア(終末期ケア)

自宅で最期を迎えたい方へ。痛みや苦痛のある方へは鎮痛剤や医療用麻薬の管理を行います。

栄養管理・指導

食生活のアドバイス、栄養の評価、制限食や食事形態の相談、栄養状態の改善。
経鼻カテーテルや胃瘻(いろう)の管理。

服薬管理・指導

認知症や独居等の利用者様では、薬の適切な管理や服用がなされていないケースがあります。
主治医の指示のもと看護師が、自宅に訪問し薬の効果や副作用のお話、鎮痛剤や頓服の使い方、上手な薬の飲み方、麻薬の管理などを行います。

リハビリテーション

病院などでリハビリ指導を受けてもなかなかご自宅で継続が困難な事もあります。
主治医指示の下、スタッフが身体の状況、生活環境に合わせた在宅リハビリを行ないます。

健康状態の観察と助言

体温、脈拍、呼吸、血圧、酸素飽和度の測定、全身状態を観察をすることで病状の悪化を防止して病気の予防対策を助言いたします。

床ずれの予防と処置

褥瘡(じょくそう)や皮膚障害が発生する前にリスクを予測し、予防することが重要です。しっかりと看護ケアを行っていきます。

着替え、清潔や入浴の援助

清潔のケア(入浴、洗髪、清拭、口腔ケア)の援助。状態に合わせた清潔ケアを行います。

ストーマケア

人工肛門(消化管、尿路)、装具の交換などやスキントラブルの対応と、適切な排泄ケアの援助を行います。

排泄の調整や援助

排泄ケア(摘便、浣腸、ストーマ管理)排便コントロール、排尿の相談、膀胱留置カテーテルの交換管理などを行ないます。

医療処置

点滴・栄養・チューブ類の管理

主治医の指示のもと看護スタッフが自宅に訪問し、点滴・CVポートからの高カロリー輸液(ゆえき)を行います。

酸素療法

酸素濃縮装置を設置をしている方への、管理や使い方の指導を行っています。
外出時だけでなく、停電などのトラブル発生時の備えにもなります。

医療機器管理

人工呼吸器などの医療機器を利用し、ご自宅で管理を必要とする方が増えております。
在宅で安全に利用していただくために、看護師が使い方やトラブルの予防方法を説明します。

ご利用料金

訪問看護 適用保険フローチャート

介護保険で週2回の訪問看護を利用された場合(月)


30分未満の訪問看護 30分以上1時間未満の訪問看護
1割負担の方       約3500円~/月      約5000円~/月
2割負担の方       約7000円~/月      約10000円~/月

※緊急時の訪問加算を含みます。
※定期・緊急にかかわらず、訪問にかかる交通費は頂いておりません。
※ご利用料金はあくまでも目安です。詳しくはご相談下さい。

介護保険 利用対象の方

  • 介護保険で要介護認定を受けて要支援、要介護と判定され、医師が訪問看護を必要と認めた方。

<末期の悪性腫瘍患者その他別に厚生労働大臣が定める疾病等>
・多発性硬化症 ・重症筋無力症 ・スモン ・筋萎縮性側索硬化症
・脊髄小脳変性症 ・ハンチントン舞踏病 ・進行性筋ジストロフィー症
・パーキンソン病関連疾患(進行性核上性麻痺、大脳皮質基底核変性症、パーキンソン病(ホーエン・ヤールの重症度分類がステージ3以上であって生活機能障害度がII度又はIII度のものに限る)をいう)
・多系統萎縮症(線条体黒質変性症、オリーブ橋小脳萎縮症及びシャイ・ドレーガー症候群をいう)
・プリオン病 ・亜急性硬化性全脳炎 ・後天性免疫不全症候群 ・頸髄損傷及び人工呼吸器を使用している状態

医療保険で週3回訪問看護を利用された場合(月)

1割負担の場合
約7,000円~
2割負担の場合
約14,000円~
3割負担の場合
約21,000円~

※定期・緊急にかかわらず、訪問にかかる交通費は頂いておりません。
※ご利用料金はあくまでも目安です。詳しくはご相談下さい。

医療保険 利用対象の方

  • 40歳未満(40 ~ 64歳で介護保険対象外の病気の方)の難病や重度の障害児(者)等で医師が訪問看護を必要と認めた方。
  • 介護保険の要介護認定で自立判定された方。要介護認定の申請をしてない方。
  • 介護保険で要支援・要介護と判定された方のうち厚生労働大臣が定める病気の方。
  • 介護保険の方で、病状悪化のため医師が特別指示書を発行した方。

<指定訪問看護に係る厚生労働大臣の定める疾病等>
・末期の悪性腫瘍 ・多発性硬化症 ・重症筋無力症 ・スモン ・筋萎縮性側索硬化症 ・脊髄小脳変性症
・ハンチントン病 ・進行性筋ジストロフィー症
・パーキンソン病関連疾患(進行性核上性麻痺、大脳皮質基底核変性症、パーキンソン病(ホーエン・ヤールの重症度分類がステージ3以上であって生活機能障害度がII度又はIII度のものに限る))
・多系統萎縮症(線条体黒質変性症、オリーブ橋小脳萎縮症及びシャイ・ドレーガー症候群)
・プリオン病 ・亜急性硬化性全脳炎 ・ライソゾーム病 ・副腎白質ジストロフィー
・脊髄性筋萎縮症 ・球脊髄性筋萎縮症 ・慢性炎症性脱髄性多発神経

お申し込みからご利用までの流れ 

1.受け入れのご相談

担当ケアマネージャーさんや当院地域連携室などに「訪問看護 幸の鳥」の訪問看護を相談ください。
状況をお伺いし、受け入れのお返事をさせていただきます。

2.申し送り

担当ケアマネージャーさんやご家族様、入院中やかかりつけの病院などから申し送りを受け、ご病気や必要な処置に合わせ、継続したケアが提供されるよう、オーダーメイドな看護を提案させていただきます。

3.訪問開始日のご相談

訪問開始日をご相談の上決めます。最短で午前中の相談の場合、当日の午後には訪問するなどのご要望にも迅速に対応させていただきます。

ご訪問範囲

一宮市「木曽川町」「北方町」「奥町」「今伊勢町」
診療所より車で片道約15分程度を訪問範囲としてお伺いいたします。
患者様の状況などにより対応範囲も柔軟に検討致します。
お気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせはお気軽に

0586-87-7800

診療時間:AM 9:00 ~ PM 12:00 / PM 4:30 ~ PM 7:00
休診日:水曜日(午後)・土曜日(午後)・日曜日・祝日

Copyright (c) 医療法人 清流会 五藤医院. All Rights Reserved.